免疫不全による肺炎があります。

症状に限らず

治療をするとなればなおさらです。仕事で夕飯に間に合わない平日の料理は、週末に全部用意しておくという主婦ぶりです。その上、それだけがんばっていても、この程度で家族は満足しているわけではない。そんな思いがいつも心のどこかにあるので、気持ちはすっきりしていません。完璧主義者だけに自分自身にも満足できないものを常にかかえていたようです。
「これで治さないとだめだぞ、救われないぞ」
仕事も家庭も、全部報われなかった……。そんな思いにとらわれ、一時はもう死ぬしとても怖かった時落ち込む一方でした。
かない、どうやったら死ねるか、駅のプラットホームに立つと、電車が入ってくる瞬間が、期があったと打ち明けます。ウツの危険な状態にまで足を踏み入れていました元来、ワクワクしたのに、興味がない。毎月欠かさず出掛けていた歌舞伎にも出掛ける気にはなれない….元気づけてくれるものが、なにもなくなっていました。
好奇心旺盛な性格なのに、何に対しても興味を持てません。

治療が効いて

細胞の核内

いつもなら仕事でステキな男性に会うと自分をそんな三枝子さんが回復のきっかけをつかんだのは、HRTの勉強会でした。仕事仲間の友人に、「なんとなく元気がでないのよね」とそれとなく相談すると、「じゃあ、うちの勉強会に一度来てみない」と誘われました。さっそくHRTを始め、ドクターに話を聞いてもらったところ、不思議に気持ちが安定して、少し元気になりました「私にとってはHRTも効果がありましたが、ドクターに自分のグズグズとした気持ちを聞いてもらえたというのも癒しの効果は大きかったと思います」
ウツ症状に対し、デバス抗不安剤と1回でやめてしまったといいます。
も処方されましたが、強烈な睡魔に襲われ、これでは仕事にならないHRTと出会って、三枝子さんはこんなふうに自分自身に言い聞かせました「このHRTで治さないとだめだぞ、ここで手を打たないと救われないぞ。これでしっかり立ち直れないとまたウツウツとした世界へ逆戻りなのだから」と。
すかしたり。
神経って摩訶不思議なもんですわ。

ホルモンや抗男性そのほ


少しずつ確かな回復への道筋自分をおどしたり、を歩き始めましたドクターとHRTとの出会いをきっかけに、三枝子さんの話を聞いていると、本人の「なにがなんでもこれで治す」という意志の力の、病気回復へ54なからぬ効果を考えずにはいられません。その意志の力で注目したいのは、次のようなマイナス思考からブラス思考への転換です。
なにもかも報われなかった、生きていてもしょうがないという思いは、娘は思い通りに育たなかったといっても、十分にいい子に育っているじゃないかという考えに。また夫とは会話はないけれど、同じ屋根の下で良く暮らしていられるじゃないか。それに、改めて見てみると人間的には実にへと変化していきました「仕事もこのままやめてしまったのでは、ただのおばさんで終わってしまう。いままで家庭をずいぶん犠牲にしてきたことを思うと、このままではいくらなんでも残念じゃない。だとしたら、自分はどう生きるのが仕事をまっとうする道なのかな、とウツなる気分と闘いながら、そんなことを考えていました」
い人ではないか、という田家族との折り合いをうまくつけたように、自分自身とも折り合いをっける努力を試みました。

ストレスを重くします

治療などにより回復している。

免疫システムの白血球の関係なのです。
こんなぐあい、半ばにして体力がなくなった。
持久力もすっかり衰えた。
学者ほど知識の蓄積はない。
いまさら専門家にもなれない。だとしたら、蓄積された人脈と情報収集能力をいかして、いろいろな人たちの持っている知識や表現力、分析力を発揮できる場を提供する役目に徹しよう。そして次の定期異動で、そんな能力が活かせるポストにつくことに。願ってもない異動でした。
三枝子さんはHRTを始めて約10年になります。更年期以降のQOLを考え、今後も続けていくつもりだといいます。みずからの体験から、更年期障害で苦しむ人から相談をうけることも。
ウツ状態になっている人のつらさは体験したものとしてよくわかります。ただ、なかにはいい逃げ場所ができたと思って逃げ込んでしまって、そこに埋没してしまっている人もいるように思います。更年期障害と確認できた人は、やはり自分で情報を集め、分析する知恵を持つ努力も必要なのではないでしょうかと、三枝子さんはちょっぴり苦言を呈します。

治療すれば治癒も早く

医学の敗北であると考えがちです

で紹介した体験や症例から生まれた更年期を乗り切る知恵、

楽にする秘訣か変だわ
と思ったら、更年期症状を疑うのが楽になる最近、たびたび感じることですが、本人は更年期症状だと気づかないで、苦しんでいる人たちがなんと多いことでしょう。いままであたりまえのようにやっていたことができなくなったとき、いつもの自分らしくない言動が目立つようになったとき、もし、あなたが4050代だとしたら更年期症状のあらわれかもしれませんとくに、独身者が家でひとりになったとき、私はだれからも必要とされていない人間だと思う日が多くなったら、ウツ状態の可能性は大です。
あるいは、動悸がひどく循環器の検査をしても異常なしと診断されたり、めまいを訴えて検査の結果問題なしと言われたり、関節の痛みでリウマチの反応が出なかったりしたら、更年期症状を疑いましょう。こうした更年期症状には更年期外来を受診するのが、症状を長引かせない早道です。
におち入りがちだと心得ておきましょう症例の石田恭子さん。
ストレスが軽くなることもあるのです。

細胞の中にあるカルシウム貯蔵庫

うつ病やパーキンソン病にはあてはまるかもしれません
かなり重症のウツに苦しみました。その病状の変化をたどってみると、最初は発汗動悸です。夜中に何度となく、毎晩のように続き、ぐっすり眠れません。すごく不安にもなりました。すると、日中も元気がなくなり、夜のことを考えると憂ウツになります。気分が落ち込むとどんどんマイナス思考になり、ますますウツ状態が悪化こうした悪循環に陥る例は多くあります。更年期のウツ状態にある人の中でも、もともと発汗、動悸といった女性ホルモンの欠乏による症状から始まったケースは、HRT治療でかなりよい結果が得られています。
この場合、更年期外来を受診します。精神神経科のみで治療を受けると、いつまでも症状が改善されないことにもなりかねません更年期症状の治療が抜け落ちて気ままにしてるからよ
と周囲の者の無年進国なので大阪医科大学産婦人科の後山尚久助教授現·藍野病院婦人科はこう語ります。