治療ではありません。

医師に大切な家族をまかせてはいけない

長生きするだけがいいわけではないもちろん、ただ長生きするだけがいいというわけではありません。生き方は人それぞれです。たとえば、後世に残る名作を生みつづけた夏目漱石は、四十九歳で世を去りました。モーツァルトは、たった三十五年間の人生であれほど膨大な作品を残しています。長生きしなくても、その人生ですばらしい業績を上げて社会に大きく貢献した人たちはいくらでもいます。個人の健康は第一ですが、生きているかぎり、やはり何らかのかたちで社会に貢献する、あるいは次世代に何を残すことは大切なことです。ふだん、あまり社会貢献など考えないかもしれません。
薬を増やせという

ふつうにサラリーマン人生を送って定年を迎えた人が、どれだけ社会に貢献したかと問われても答えられる人は少ないでしょ社会貢献といっても、夏目漱石やモーツァルトのように、後世に名を残す活動だけが該当するわけではありません。あるいは、ボランティア活動のように直接、世のため人のためになるようなことをしなければならないわけでもありません。
人の命を救うことに直接かかわる医者のような仕事が、社会貢献を実感しやすいのは確かです。健康な人をふやそうと独自の考えを広める私のような立場も、自分の存在意義を大いに感じさせてくれています。しかしサラリーマンとして、営業であれ、経理であれ、事務であれ、接客であれ、どのような職業·職種であっても、与えられた仕事を全うすることも、りっぱな社会貢献といえると思います。社会で必要とされているからこそ、そのような仕事が存在するのですから、自分では食べるためにやっているだけで、社会の役に立っているという意識がなくても、それなりに社会貢献していると考えていいのではないでしょうか「こんな営利的な仕事は社会のためにもならない」と、自分の仕事に誇りもやりがいももてず、テキトーに仕事をするのが当たり前になってしまうほうが問題です。
現代人は仕事のやりすぎだから、ほどほどにしなさいと私はこの本で一貫して主張してきましたが、それはあくまでも病気になるほど働きすぎの場合です。仕事などテキトーにさぼれといっているのではありません。
一生懸命に仕事をしなければならないときに、自分の健康第一のほどほどの生き方は問題でしょう。

ホルモン分泌の変化に体が対応しようとして

  • 老化を速める食事ということになるのです。
  • 老化のモデル
  • 動脈硬化の発症にはコレステロールが関与している


病気におよぼす影響について


うつな状態

仕事もほどほど、遊びもほどほど、何事も安全志向で定年を迎え、仮に九十歳、百歳まで生きられたとしてはたしてそれがよい人生でしょうか。本人がそれで満足だというのなら、他人がとやかくいうことではありませんが単に健康で長生きが目的になっては本末転倒だと私は思います。健康で長生きしたいのは、自分の仕事を全うしたいがためです。私が百歳まで生きたいのも、私の免疫理論をもっともっと多くの人に伝えたいからです。長い人生のあいだには、多少きつい思いをしても仕事に没頭する時期があっていいのです。実際、二十代後半から三十代、四十代の働き盛りに、健康第一などとはいっていられないでしょう。もちろん無理に無理を重ねるのは危険ですが、ある時期、全力疾走することは必要なのです。
その多忙な時期に、力を発揮できるだけの体力をそれまでに養っておいて、そのあいだは耐えられる体調を維持すること。
薬の場合

ストレスをためない

無理を重ねて間違った方向に行ったときには、からだが教えてくれているはずなのです。その声をきちんと聞くことができる感性をぜひ養ってほしいと思います。

病気にならない運動と食事

まずは歩くことが基本最後に、からだによい生活のヒントについて、すこしだけお話ししておくことにしましょう。
最近は、とにかくからだにいいというので、歩くこと、ウォーキングが勧められています。
たしかに、歩くことはからだを動かす基本です。


うつ病の人が増えている。

ストレスを感じやすい人

歩くことで下半身の筋肉が維持できるだけでなく、血流がよくなります。長い人類の歴史のなかで、狩猟·採集·農耕と、人間は生きるためにからだを動かしてきました。からだを動かすのが人間の宿命だったのです。そうした活動の基本は、二足で歩いたり、走ったりする下半身の運動です。それによって人間は健康を保てるようになっています。
ところがいまの時代は、デスクワークが主体になり、からだを動かすことが少なくなってきました。とりわけ問題なのは下半身を使わなくなったことです。私たちの筋肉で大きいのは下半身と腰の周辺の筋肉で、それらの筋肉は歩くことで自然に鍛えられます。じっとしたままデスクワークばかりしていれば、どうしても身体能力は衰えます。
車などの交通機関が整備されたこの三十年、日本人はずいぶんと歩かなくなりました。生活習慣の変化ということでは、洋式トイレの普及も大きいでしょう。
健康に過ごしていくかを考えましょう。


細胞分裂が止

かつての和式トイレはしゃがむスタイルでしたから、それだけでスクワットをやっているようなもので、自然に膝や足首が鍛えられていたのです。人間が進化の歴史でたどってきた、生活のなかで自然にからだを使う機会、とくに、半身を鍛える機会がほとんどなくなってきています。それを意識的につくるためには、というわけです。からだの基本である下まずは歩くことがい歩くスピードは、その人の年齢や体力に応じて、自分で気持ちがいいと感じるペースでいいのです。もちろん、からだのためには通常よりもすこし速く、ちょっとは頑張って負荷をかけたほうがよりよいのですが、ふだん運動していない人がいきなり一生懸命に歩くと、かえって膝などを痛めることにもなりかねません。かといって、あまりゆっくりと歩くのでは筋肉を鍛えることにはならないので、無理のない心地いいスピードを見つけることです。
腹筋·背筋を簡単に鍛えられる体操歩くことは下半身の筋肉の維持には最適なのですが、それだけでは健康を保つには不十分です。腹筋や背筋などは、歩くだけでは鍛えられないからです。かつては重い荷物を持ち上げたり、持ち運ぶ機会も多かったので、腹筋や背筋もやはり自然に使って維持することができましたが、いまは重い荷物があればすぐに車に乗ってしまいます。

薬の場合

症状と考えられている。

それも、自分のからだの声を聞く習慣の一つです。いとか、どのような栄養分が朝食はとらなくてもかまわないよく「朝食を抜いてはいけない」
が絶対に悪いわけではありません。
「三食きちんと食べたほうがいい」
といわれます。
しかし、朝食を抜くの何度か対談して、いっしょに本(『ガンが逃げ出す生き方』講談社、など)を出版している石原結實先生が提唱する健康法は、朝はニンジンジュースだけにして、昼はソバなどを軽くとり、夕食は自由に食べていいというものです。朝食を抜くのは、夜間はプチ断食をしているようなものだから、そのほうがお腹に負担がかからずに、一日のスタートをスムーズに切れるというのです。また、現代人は食べすぎの傾向があるのでそのほうが栄養のとりすぎを抑えられるともいいます。遅くまで仕事で夜ふかしをすると、どうしても夕食が遅くなりがちです。

老化現象なのか。

からだに悪いと、夜九時以降に食べてはいけないともよくいわれますが、たしかに夜遅く食事をすると、脂肪をためこんで太りやすくなります。そうはいっても、仕事の都合上、どうしても夜九時以降に食べざるをえない人も多いでしょう。実際に仕事をしていれば、理想どおりの時間に食事をとるのは難しいものです。
そうであれば、朝はあまり食欲がないでしょうから、いっそのこと朝食を抜くのも一つの方法です。一日に摂取するカロリーを少なく抑えれば肥満防止にもなります。

 

薬を飲むことに不安を感じるかもしれません

ですから、朝食を抜く健康法は、夜型の現代人には適しているといえなくもありませんしかし、私のように朝四時半から起きていると、八時に朝食をおいしく食べることができます。
七時になれば当然、朝早起きの人は、お腹が空いてきます。
朝食をとったほうがスッキリと目覚めてですから私は健康的です。このように、朝食を食べたほうがいい、食べないほうがいいと一律には決められません。大事なのは、食べたいかどうかというからだの声です。空腹感があって食べたい人は食べればいいし、食欲が湧かないのなら抜けばいいのです。あまり神経質になる必要はないと思います。朝食をしっかり食べたほうがいいとか抜いたほうがいいという問題よりも、むしろバランスのいい食事を心がけることでしょう。
そして基本的には、食べすぎないようにすることです。腹八分目といわれるように、少食のほうが健康にはいいのです。
医療の現場はまさに百戦錬磨の修業の場

老化が早く進み

ネズミを使った実験では、腹一杯になるほど食べさせたネズミよりも、食事制限をしたネズミのほうが長生きするというデータがあります。人間も同様でしょう。ことに四十代半ばを過ぎたら、食べすぎは控えるようにしたいものです。日々を健康に送るための運動と食事のあり方について述べてきましたが、ののなかから、とはありません。
基本は、自分に合った食べ物をとることです。
健康にといわれるも自分に合った運動を習慣化し、情報にふりまわされるこ人間は本来、自分のからだの声をきちんと聞くことさえできれば、間違うことはないのです。私たちのからだは、自然といい方向に向かうようにできています。それを支えているのが免疫という仕組みなのです。

ストレスの原因を取り除くようにつとめ

ところが無理に無理を重ねたり、からだの声が聞こえなくなったり、ストレスを抱えて、食べたり飲んだりでまぎらわさざるをえなくなると無視したりしてしまうのです。その結果が、病気です。自分のからだの声を真摯に聞き取れるようになってほしいと強く思います。本書で難しい理論的なことも説明してきたのは、このことをご理解いただくためです。
みなさんが、からだの声をしっかりと聞いて、いま病気の方は一日も早く健康を取りもどされることを、ます健康に磨きがかかることを願っています。
そして健康な方は、ます。私はもう若くない.2更年期への誤解、知識の不足。それがあなたを苦しめていまするし……?
もう若くない
そんな自分を実感した時ある婦人科を訪ねた46歳の女性の話から紹介しましょう。独身のキャリアウーマンのAさんは生理が止まっていることが受け入れられず、来院しました。

症状がつづく

医師の得意分野を調べることです。血液検査の結果、FSH卵胞刺激ホルモンの値がかなり高く、E2卵胞ホルモンの値が10未満。すでに妊娠は不可能なまでに数値は下がっています。しかし、Aさんにとって46歳でこの数値はおかしい、早すぎると言い張るのです。生理がないと落ち込むと、訴えます。でも、生理があるかないかは女性とはなにも関係ないでしょう。それよりもあなたは更年期の不快な症状がないのだから、ラッキーだと思わない?
と、医師が尋ねると「思わない。
更年期症状がひどくても、生理があったほうがいい」
と、抵抗します。どうしてそんなに生理があることにこだわるの「これから結婚するかもしれないじゃないですか。そのときに、子どもが生める身体だということを、相手の男性に知ってもらいたいんです」
「残酷なようだけれど、女性ホルモンの状態をみてもすでに閉経しているのよ」
「いやです。生理をおこしてほしい。閉経を遅らせてください。できれば58歳くらいまで生理はあってほしいんです」
「あなたは赤ちゃんが産めるようにするための治療を受けたいのできるのならそうしたい」
あくまでも生理と妊娠にこだわるAさんに医師は、どうしてもというなら卵子が残っていればそれを凍結して、アメリカで処置する方法もあると話をしてから、こう説得しました。


医師の得意分野を調べることです。 薬に敏感に反応する自分の体を使い 医師による