治療法今

医師のところにかけこみました。

症状が出ます。ほどの激しさではないにしても、こうした葛藤体験を持つ女性石田さんはシングルのひとり暮らしで、ピアニストとしてイベントやホテルなどでの演奏活動で生計をたててきました。若いときには外国暮らしも体験し、美しくドレスアップしてパーティに出席する機会も多く、そんな華やかな生活を写し取った写真が、恭子さんがくつろぐリビングに飾られています。恭子さんの更年期はのぼせと多汗に始まりました。50歳の冬でした。
ある日、ベッドで寝ていたところ、明け方にものすごく暑くなって、目がさめました。
全身汗をかいて、ナイトウェアだけでなく、シーツまでびっしょり。
着替えて再びベッドに入ったものの、30分もするとまたカーッと暑くなって汗びっしょり。
もともとやせ型で冷え性冷房が苦手で、をかくなんて信じられないことでした夏でも靴下なしではいられない寒がりだったので、こんなにも汗その日以来、毎日のように夜中の多汗が恭子さんを襲いました。就寝して2、3時間するとカーッと暑くなってどーっと汗をかく。3日目くらいから動悸も伴うように。心臓がバクバクして苦しくて横になっていられないので、起き上がる。暑い身体を冷やそうと裸になってアイスノンを体にあてたり、冷房を入れたりの大騒ぎ。汗がおさまると、今度は寒けがしてガタガタと震え上がる。
ストレスが軽くなることもあるのです。

治療など怖くてできません。

多いときは一晩に10数回もそんな状態が10日も続くと、睡眠不足で昼間もぐったりして、ベッドから起き上がれなくなってしまいましたすぐに病院へは行かず、まずは親しい漢方医に相談しました。
漢方医から「更年期症状が出てますね」と言われて初めて、更年期障害を自覚しました。激しい動悸に心臓病を心配しましたが、更年期の本を読んで典型的な更年期症状とあってなっとく。本によると治療はHRT漢方薬、運動と食事療法などが効果があるとか。当初、恭子さんはガンの不安からHRTを試そうとは思いませんでした漢方医から漢方薬と食事療法の指導を受け、3か月ほど続けました。一時的には症状は回復したもののぐっすり眠れない。そのため日中もボーッとしたまま。体が思うように動かない、気力が出てこないため、仕事も休みがち。それに伴って、気分的な落ち込みもひどくなっていきました好きなことに興味がなくなる。治療が先決

心筋梗塞などの副作用が起きたケースがあることが報告


自分にとって癒しやストレス解消にもなっていたことができなくなるというのは、ウツ状態の典型的な症状のひとつです。恭子さんがまぎれもなくウツ状態になっていたのは、音楽をまったく聞かなくなったことからもわかります。恭子さんにとって物心つ朝起きると、まず自分の好きな音楽をかけて、気分をリラックスさせつつ、今日1日のスケジュールを考えていくというのが恭子さんの日課でした。それが、ひどい寝汗をかいて七転八倒しているころから一度もCDをかけなくなっていました。
「オーディオのスイッチを押すのもうっとうしくなってきた」
いたころから体の一部だった音楽と振り返る恭子さんショックでしたね。音楽が自分を元気づけるものでなくなっていた、ているの、って思いましたものと気づいたときは。
あとはなにが残っしかし、恭子さんを落ち込ませたのはそれだけではありませんでした「年齢が50歳になって思ったのは、もう、正直に申し上げるわね」
と、覚悟を決めた様子を見せてから、つらい胸のうちを打ち明け始めました私は人間は外見ではないと思っていたの。
症状を持つ人の中

医師が判断する

細胞分裂が抑え
でも、本当はそうじゃなかったんです。ひどい更年期障害になって、人と会うのがおっくうで、外出しなくなりました。家にいると体を動かさないで食べるばかりで、体重は目に見えて増えていきました。動悸がする、ホットフラッシュで暑くなるので体を締めつける洋服が着られない。風通しのいい洋服を着ている自分の姿を鏡でみたときに、別人が立っていました。もう恥ずかしくて、誰にも会いたくないと思いました。外見重視じゃないと思い込んでいた私が、たときに、私はもう終わりだと本気で思いました
こんなに外見にこだわると気づい失うことへのダメージは、それがもう2度と取り返しがつかないと思ったとき、大きくなるものでしょう。ウツの症状は悪化するばかり。将来の夢や希望がなく、そして強く執着したとき目標もなくなっていました「こんなになったのはあなたのせいよ」
ウツはものごとをいいほうには考えられない病気ですが、恭子さんも例外ではなく悪い方へ悪い方へと考えさらに自分はもうだめだと決めつけ、気持ちを沈めていきました。
恭子さんには10年余りの付き合いになる不倫関係のボーイフレンドがいましたたまらなく不安になるんですね。別れ話が出てたわけでもない。彼はやさしくしてくれるし、病気になってからはいっしょに病院にも行ってくれるし、身の回りのこと、頼んだことはなんでも引き受けてくれる。
病気のサインであるかを知って

症状のひとつと考えれング

でも、このままずっといい関係でいられるのかとか、このまま年をとっていくとどんどんきれいな面がなくなってしまう。ものごとを素直にとれなくなって、皮肉にとったり、ふだん言わないような暴言をはいてしまっいつもの自分じゃなくなっているのに気づいて愕然とするんです。私の人格はどこへ行ってしまったんだろそして自殺未遂。ひとりではマンションにいるのは危険だとまわりが判断し、総合病院の心療内科に入院することに。更年期症状の発症からちょうど1年たっていました。ここでは投薬治療と、毎日ドクターのカウンセリングをうけ、玄米の食餌療法も行いました。ドクターからHRTを勧められましたが、飲み薬にはどうしても抵抗があり、張り薬を使うことに。
病院に一時的に入院して精神的には少し落ちついたものの、その後も不眠や、ホットフラッシュ、動悸、ウツなどの症状はおさまらず、回復の兆しをなかなか実感できない日々が続いていました。
免疫不全による肺炎があります。

医学に関する知識レベル

うつが重くなりました。
2年ほど心療内科の治療は続きましたこの間、ほとんどウツウツとした状態の中で、宅配の食事をとって、ベッドに横になるだけの毎日。経済的なことを考えるとどんどん落ち込んできます。毎月いくらかかって、年間にいくら。このままだったら、元気になってもお金はなにも残っていないじゃないか。そうしたら生きていてもしょうがないドにも「こんなになったのはあなたのせいよ」と当たり散らし、そのたびにあとから落ち込むという繰り返しでしたボーイフレン恭子さんが回復のきっかけをつかんだのは、HRTを飲み薬に切り換えてからでした。
科系の病気の後遺症があり、久しぶりに婦人科医を受診したところ「これだけ更年期症状が出ているのだから、HRTをやったほうがいいでしょう」
以前、手術した婦人と勧められました。HRTに対するガンの偏見はぬぐえてはいませんでしたが、います。

治療が効いて

細胞間を経て静脈にもどります。

それだけに、日々精一杯生きていかなければならない。それは仕事でつっ走るということではなく、もっとのんびりゆったり生きたい。仕事だけでなく、社会や地域につながりながらなにかしたいという気持ちがわいてきました。そう思えるようになったのは大きな収穫でした
友人から「30年間の疲れが積もり積もったのよ」といわれましたが、たしかに本人も目いっぱい一生懸命走ってきたという自覚があります。とにかく、無理はしないと決めました。
さて、5月に職場復帰を果たした百合子さんは、翌年の1月にウツ状態が再発しました。
そのあと突然また不眠に襲われました.C医師の診察の結果波が来たんですよ
風邪の症状が出て職場復帰した1カ月後には、睡眠剤と抗不安剤の必要がなくなり、抗ウツ剤も少しずつ減らし、数カ月後にはそれとも縁が切れ、HRTだけを続けていたところでした「前に1回経験しているので、怖さはなかったのですが、また仕事ができなくなるのがショックでしたね」
対応は早かったものの、すぐにはよくなりません。
ストレスを重くします

  • ストレスに対する抵抗力が弱い人
  • 症状を緩和させる効果だけなのです。
  • ガンもなかったですよよかったですね

薬などの使用頻度や量が少なくてすみます。症状は以前と同じ、不眠とウツ気分欠勤して1カ月がすぎた頃、元気になったので試みに半日出勤しました。しかし、電話はとれるものの、接気力の低下頭が働かず、書類に目を通しても頭に入らない、思考力、客は足がすくんでだめ。言葉が出ない、状態で、またまた落ち込んで……。
その後、百合子さんは4カ月余りの欠勤の後、再び職場復帰を果たしました「将来の不安はあります。今78歳の母親の介護の問題も出てくると思うし。ただ、最近になってこのまま更年期を乗り越えられたら、また元気でやれるんではないか、という自信が心の片隅に持てるようになりました」
仕事への仕事の空白、人生に立ち尽くした時間。百合子さんにとって大きな試練となった更年期の体験は、取り組みや生き方にも少なからぬ影響を与えたようです。
【体験症例⑤】「私は徹底していい娘を演じていました」
陶芸家の大野浩子さん仮名·52歳が更年期症状を自覚したのは48歳のとき。
浩子さんの場合も不眠がきっかけといいます。
結婚28年になる浩子さん夫婦に子どもはいません浩子さんは何店かの決まった店に作品をおろすかたわら、など、精力的に仕事をこなしていました。
2年に1度は定期的に作品展を東京·銀座で開く不眠が始まったのは暮れに行われた個展が終わってまもなくのことです。
まる頃からすでになにか変だったのです。

 

医師によって

あとから振り返ると、展覧会が始毎回、会場には大勢の友人、知人、それにファンが訪れるのですが、いつもなら人に会うのが楽しみなのそのときはなんとなく人に会いたくありません。会場に顔を出すのが苦痛でした。帰宅したときには疲労困憊こんな疲労感はかつてないほどでした。
展覧会が終わったあと、寝付きが悪くなりました。いつもなら床につくと、スーッと眠りに入り、朝はすっきり目覚めるタイプです。ただ、7年ほど前、父親が入院したときに不眠を経験したことがありました。そのときは漢方薬で3、4日もすると眠れるようになったのを思い出し、今回もかかりつけのドクターに頼んで漢方薬を処方してもらうことに。ところが、前回のように簡単に不眠は改善されませんたしかに前回にくらべてかなり症状は重いのが自分でもわかりました。頭の中の血管がドックン、と脈打つような感じがあり、強度の緊張がとけないのです。目がらんらんとして眠りにつけません。
れない日が何日も続きました。
ドックン朝まで眠漢方薬を2、3種類変えてみたものの効果はなく、胃が荒れるばかり。ドクターは漢方薬をやめて導眠剤と安定剤を処方。ようやく眠れるように。しかし、もともと知識欲旺盛な浩子さんは更年期症状やHRTについての情報を得ていて、この不眠は更年期からくるものではと自己診断し、婦人科を受診しました。

神経が優位
症状が悪化することがあります。
症状が揃った状態
紹介されたクリニックを訪ねたのは、不眠が始まって1か月半ほどたったころです。生理は規則的にあっものの、血液検査の結果、E2卵胞ホルモンの値は17.7と低く、更年期症状が出てもおかしくないと言われました。そのとき総コレステロール値も上がっていて、更年期はすでに始まっていました。
初診の際、眠れないこと、とを訴えましたそしてこれまでの自分にはまるで考えられない対人恐怖症のような症状があるこ暮れの個展では人に会うのが苦痛だったのですが、した。きっかけは、両親の介護の問題でした。
その前から電話の音に恐怖心を抱くようにもなっていま7年ほど前から入退院を繰り返していた父親の病状がその頃にはかなり悪化し、その看病疲れで母親も倒れて入院。両親の面倒は全部浩子さんの肩にかかっていました。2時間かかる実家に通い、ときには泊り込みで父親の介護、食事をつくり、病院の送り迎え、そしてとんで帰ってきて仕事に集中。

 

治療を開始していくのがよいと思います。

会社勤めでないだけに仕事よりも両親のことを優先してしまいます。すると、仕事の時間に余裕がなくなるという悪循環。小説家の夫との生活の経済的な面を支えるのは浩子さんだけに、仕事の量を減らすわけにはいきません毎日のように、母親からは父親の介護の大変さの訴え、父親からは母親の具合が悪いが大丈夫だろうかと心配の声そんなとき、私は徹底していい娘を演じるわけですよ。あとでわかったことですが、本当はしっかりものじゃないのに、親の訴えを全部冷静に受け止めてあげて、頼りがいのある娘をやっていたんです。性格的にそういうときにくそまじめにがんばるんですよ
連日、両親から伝えられる深刻な状況に緊張が続き、神経が張り詰めたままリラックスできない状態になっていました。やがて電話が鳴ると悪い知らせでは?とドキッとして恐怖感さえ感じるように。そのころからでした、電話に出られなくなり、人と会うのが苦痛になっていったのは宅配便のために玄関に出るのも避けたいほどでした対人恐怖という思いもかけない症状にショックを受け、このままずっとひきこもりがちな生活をしていくのかしら、と考えると不安でたまらなくなります。
治療法今

うつと付き合う方策のよう

するとますます眠れなくなる、といった悪循環が始まってました婦人科の医師の診断は更年期症状
症といったところでしょうか。
ですが、心療内科的に診断するとがんばりすぎによる典型的な心身HRTを始めればすぐに眠れるようになると思っていた浩子さんの思惑ははずれ、ぐっすり眠れるようになったのは1か月ほどたってから。もともと精神科の薬を飲むことに抵抗を感じていた浩子さんは、それまでは自分なりに考えてこんな方法をとっていたといいますHRTを始めた最初の頃、床に入って3時間たっても眠れないときには、睡眠剤と抗不安剤を飲むことにしていました。やがて、睡眠剤や安定剤なしで眠れる日が多くなり、ぐっすり眠れるようになるとHRTも中止しました。

  • 「好きなこと好きな人を大事にしたい」
  • その後、両親のことなど大きなストレスがあるとまた眠れなくなることもあり、そのたびにHRTおよび睡眠剤、安定剤の力を借りるといった方法で、浩子さんなりのやり方でHRTを断続的に続けていたといいます。