うつ診断法

老化が進むというもの。

ようやくなんとかその日を終えたときには身体はくたくた、精神的には「私はなんてだめなんだろう」とすっかり自信喪失していました「自分は経験もありベテランにもかかわらず、先頭に立ってやらなければならない仕事の責任が今までのように果たせないのだから、もう職場にはいられないと思いました」
の項目ごとに会場を決め、外から来校する6人のドクターを各会細かい指示をしていくのですが、慣れた仕事のこの出来事を機に、それまでがんばり続けてきた糸がプツンと切れてしまったのか、範子さんはその後、文部科学省が関係した大きな仕事を断ってしまいます。
体調の悪さはとうてい理解してもらいようもなく、ただ、無責任でわがままな教諭としかみなされていないにちがいないと思うと、一刻も早く職場を去るしかないと決意を新たにしていました「今振り返ると『あれはなんだったのだろう』と思うのですが、あのときは身体も頭もまったくいうことをきいてくれないのですから、どうしようもありませんでしたね」
「よくなるものがあるのなら何でもやりたい」
範子さんが回復のきっかけをつかんだのは、春の身体検査から2か月後、親しい友人のアドバイスでした「漢方薬で更年期障害の治療をしている先生がいるから、一度診てもらったらどうお」
紹介されたのは東京医科歯科大学産婦人科助教授だった小山嵩夫医師です。

免疫力にとってかえってマイナスです。

当時、小山医師は大学の付属病院で更年期障害の患者さんを一手に引き受けて、治療にあたっていました(現在は東京銀座で小山嵩夫クリニックを開業)。
小山医師が更年期医療に本格的に取り組むようになったのは83年。研究発表でたびたび米国にでかけていったところ、米国の医学者から「日本も高齢化社会に向かって老齢化の分野にも力をいれなければ」と助言されたのがきっかけでした。更年期以降の女性が元気で生きるための医学、いわゆるメノポーズの領域の医学にっいては当時から米国では多額の研究予算が出ているとも聞かされていました。
いっぽう日本では、更年期医療の分野は学問的にもほとんど研究が進まず、臨床的にも対症療法や男女混合ホルモンの注射、あるいは漢方薬を使うといった旧態依然とした治療が行われていました小山医師はまだ日本では未開拓分野のホルモン補充療法略してHRTの試みを始めていました。

 

治療法を組み合わせることも可能です

いまでこそHRTについて知識を持つ更年期女性は多くなりましたが、その頃はほとんど知られていません。また大学病院の外来のあわただしい診療時間内にHRTについて説明するのは限界がありました。そのため、患者さんの中にはHRTが効果がありそうだと判断して試みたものの、出血などの副作用に驚いて、12回通院したあとはばったり姿を見せないといったことが続いていましたHRTについてはまだまだ臨床例が少なく、試行錯誤が続くといった状況のなか、範子さんは小山医師の診察を受けました。診察前、範子さんはあらかじめ渡された「簡略更年期指数SMI参照に記入してみると100点満点で、精密検査と長期間の治療が必要との評価でした漢方薬などの治療を始めて1か月余りが過ぎたころ、小山医師が範子さんに勧めたのがHRTでした「浅沼さん、いちどホルモン補充療法を試してみませんか。血液検査でもエストロゲンはゼロに近い状態です。し、試してみる価値はあると思いますよ」
子宮はすでに摘出していたので、子宮体ガンの心配もないと言われました「ちょうどアメリカに住んでいた友人がHRTを知っていて、アメリカでは受けている女性が多いという話を聞かせてくれて、やってみようかなと決心がついたのです。
薬などさまざ

細胞ができるのを抑えるため

それによくなるものがあるのなら何でもやりたいという心境でした」
と範子さんは打ち明けます。
職場にもどって校医にHRTの話をすると、60代半ばの内科医師は一言告げましたホルモンは怖いよ
しかし、範子さんは元気になれるのだったら、ところです。たとえ寿命が縮んだとしても試してみたいというのが正直な範子さんの場合、HRTを始めて4週目くらいから効き目が現れ始めました。肩凝りがうそのように消え手足の冷えが改善されて、体が軽くなっていくような感じがしました。よく眠れるようになり、食欲も出てきたせいか、体力が徐々についてきたのでしょう。朝起きて仕事にでかけるのがおっくうじゃないと感じるのは何年ぶりかの気分でした。身体症状もみるみる回復しました。ただ、ひどい物忘れや一度失った仕事への自信を取り戻すには、まだしばらく時間が必要でした。

細胞が機能するようにするわけです。

その後、範子さんは更年期の嵐の直中にいたときに支えとなってくれた同僚から、結婚を申し込まれたのを機会に職場を去り、まもなく結婚しました。範子さんは56歳の初婚、夫となった真一さんは凄を亡くして5年たっていました。
ところで、範子さんは症状が改善されたいまもHRTを続けているといいます。ずっと続けているのはアルツハイマーの予防が主な目的です。最近、学生時代の友人たちに会って驚いたのは、飲んでいる薬の多さ。降圧剤やコレステロールを下げる薬やら。私はエストロゲンだけでとても元気に過ごしていることを知って、改めてHRTに出会ってよかったと思いました。

検査をさせていただく

免疫不全による肺炎があります。健康維持に加えて、半年に1回血液や骨量検査、乳ガン検診が義務づけられているので、行き届いた健康管理ができていて安心です。小柄でふっくらとした肉付きの範子さんは、つらく厳しかった更年期の体験を語りながらも、取材の2時間あまり終始穏やかな表情を崩すことはありませんでした。そんな様子から、50歳を過ぎて良き伴侶に恵まれた範子さんの、心身ともに安定した現在の幸せな生活がうかがわれるようでした【体験症例②】「こんなに外見にこだわると気づいた時に……」
身体的な衰えのなかでも、容色の衰えは女性にとって大きな意味を持ち、強烈な自分への否定につながりかねません。もう2度と取り戻せない若い頃の美貌とスリムな肉体。今鏡に映る身体の否定的なイメージをどう受け止め、これから先をどのように肯定的に生きていったらいいのかここで紹介する石田恭子さん仮名·55歳は少なくないのではないでしょうか。


免疫不全による肺炎があります。 治療法今 神経が優位

健康に過ごしていくかを考えましょう。

病気になるケースは少ないでしょう。

いまは六十代になってもまだまだ体力があり、好奇心も旺盛な人が多いですから、六十歳で仕事をリタイアするのは早すぎる感があります。これまで働きすぎがからだを壊すと強調してきましたが、まだ体力も知力も十分にあるうちに仕事をすっかり辞めてしまうのも、これまた健康を損ないやすいものです。
趣味ややりたいことがいろいろとあって、いるのならば、仕事を離れて自由な時間ができたら、それをやるとすでに決めて六十歳で会社を辞めて悠々·自適の生活もいいでしょう。
しかし、仕事一筋で生きてきた多くの人たちは、会社を辞めて仕事からすっかり離れてしまうと、何をやっていいかわからなくなるものです。しかも長年のあいだに、仕事中心の人間関係しかなくなっているので、とたんにつきあいもなくなってしまいます。そうなると、何をやるでもなく、一日じゅう家でぼんやりと過ごす。だけになりかねません。そんな生活では、からだは丈夫であっても頭がはたらかなくなり、ボケやすくなります。
健康に過ごしていくかを考えましょう。

経済的な必要性があるかどうかは別として、からだも脳も健康に保つためには、できれば七十歳くらいまでは仕事を続けることをお勧めします。人それぞれですが、六十代半ばを過ぎると、それまでと同じような仕事量をこなすのは体力的にきつくなります。六十五歳を過ぎても働きつづけるのならば、半分くらいのペースに落とすことです。毎日なら午後三時か四時くらいには終える、あるいは週の三日だけ出勤するというのが理想的です。経営者であれば会長にでも退いてマイペースで仕事をするのも可能でしょう。専門的な技術をもっている人も、嘱託やフリーで働くことは比較的容易です。ふつうのサラリーマンが定年後も臨機応変に働くのは難しいと感じるかもしれませんが、それまでのキャリアを気にしなければ、どんな俵だってあるものです。
仕事をしていれば、通勤などもあって必然的にからだを動かします。それくらいのことでも健康にはいいのです。活力ある生活をすることで、白血球の機能をある程度いい状態に保つことができるからです。ですから六十五七十歳までペースダウンしつつも仕事を続け、並行して趣味の幅も広げればいいのです。日本人の平均寿命の年次推移2006年女79.001971年以前は沖縄県を除く出典厚生労働省の完全/簡易生命表
2県35縄完注出男歳90もちろん、いくつになっても仕事を続けられる立場にいるのなら、体力に応じてペースダウンしながら、死ぬまで仕事を続けるのもいいでしょう。

細胞をつくるとき

  • 医療保険に入ります。
  • 細胞やそのほかの異物をやっつけてくれます。
  • 遺伝子にも影響を与えて異常をもたらすからです。


免疫機能を高める抗酸化物質


薬·ゼニカルダイエット

しかし、ある年齢で仕事から離れざるをえないというのなら、やはり仕事以外に趣味や好きなことを見つけておく必要があります。
もし、その趣味が囲碁や将棋など、からだを動かさないようなものならば、せめて毎日散歩をする、できれば軽い登山やハイキングなど、運動の趣味も併せてもつようにしたいものです。からだを動かしていれば、無気力に陥ることもなく、身体機能も維持できます。
人間の体力は年をとるほど、動かないとすぐに低下します。
以前のように歩けるまでにその何倍もの時間がかかるのです。
七十代、八十代になると、数日寝込んだだけでボケずに健康でぽっくり死ぬ方法ボケて身近なことができなくなり、周りの人の名前すら思い出せず、自分の人格が失われてしまう……。
知症は、想像するだけで恐ろしい病気です。ことに、認知症になった近親者を介護した経験のある人なら、の怖さを身にしみて感じているはずです。
認そ認知症の原因となるのは、おもに脳血管障害脳卒中やアルツハイマー病などです。
ような認知機能障害が出てきたときには、たいていそのように診断されます。
生活に支障をきたす。
健康に過ごしていくかを考えましょう。

認知症脳梗塞や脳出血を起こしたために脳

脳血管障害の認知症では、脳の血管が詰まったり破れたりすることによって、その部分の脳のはたらきが悪くなり、もの忘れなどが起こります。頭痛、めまい、耳鳴り、しびれなどが見られることもあります。障害された場所によって、ある能力は低下しているけれど、別の能力は比較的保たれていることがあるのも特徴です。
記憶障害がひどくても、人格や判断力は保たれていることが少なくありません脳血管障害の場合、画像診断でごく小さな病変が見つかっても、それがボケの症状の原因になっているかどうかの判別は難しいものです。これまではそういった病変があると、脳血管性痴呆と診断されてきましたが、実際はアルツハイマー病が痴呆の原因となっている、脳血管障害をともなうアルツハイマー型痴呆である場合がよくあります。ちほういしゅく日本でも最近広がっているのは、このアルツハイマー型の認知症です。病理学的には脳組織が萎縮し、大脳皮質に老人斑が出現します。


医療費がどんどんふえています。

ガンに進行することもあります

老人斑とはベータアミロイドという異常なたんぱく質の沈着です。また、記憶にかかわるといわれているアセチルコリンなどの神経伝達物質の減少も意味しています。その原因ははっきりとわかっていませんが、これは老廃物の沈着を意味しますから、その元をたどれば血流障害があったということです。老廃物はアルミニウム、鉄などの金属を核としてたまりやすい性質があります。一時期、危険性が叫ばれていたのはアルミニウムの鍋などです。現在では認められていませんが、かつては、アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー型痴呆の原因の一つとの説があったくらいです。私たちにとってもっとも身近なアルミニウム製品といえば、ビールや清涼飲料水などの缶で、飲み物のなかに微量であっても溶け出している可能性は考えられます。
金属を核として老廃物がたまりやすいのですから、とりすぎれば危険であることは確かで、まったくの的外れとはいえないでしょうが、日常的にそれほど多くとる機会はないでしょうから、一般には認知症の原因とは考えられませんやはり問題なのは血流障害でしょう。たとえば、慢性的に血圧を下げる薬などを飲んでいると、循環障害を起こして脳の血流障害に結びつくので、認知症になる危険性は高くなると考えられます。また、じっとしてからだを動かさない生活は、低体温を招き血流を悪化させます。
薬の場合


医師や看護師が経過

遺伝的要因も考えられますが、若年性アルツハイマーも含めて、むしろ、スが強くて血流が悪くなることが認知証の原因と考えられるのです。
無理を重ねて大病したり、ストレ病気で寝たきりになったり、ボケたりしたら、せっかく長く生きられても人生を楽しむことなどできませんまずは健康維持が第一です。そのためには無理をしないことですが、だからといってラクをしすぎてもいけま基本的には、日ごろから体操や運動を習慣づけ、入浴でゆっくりとからだを温めることです。
で大病は防げます。そして好奇心を旺盛にすることです。こうした生活私の理想は、百歳まで健康に生き、自力で食べる力がなくなったときには死期を悟って、食も断ち、そのまま恍惚状態で死ぬことです。空海のように水も実際に百歳まで生きるのは難しいことでしょうが、免疫を研究し、健康な生き方を説いてきた立場としてはそれくらいまで元気で生きなければならないと自分を鼓舞しています。

検査を受けておくのがよいのです

認知症の患者さんと話すのに昔の話ができない

細胞によってその性質はすこし違いますが、生理機能に重要なはたらきをもっており、からだの塩分濃度は一定に保たれています。塩分がないと生命を維持することができません。
しかし、塩分過多は高血圧、腎臓病、心臓病などの原因になります。戦後、それまで日本人は塩分をとりす。ぎたといって減塩運動が起きました。ことに東北地方は脳卒中が多かったので、減塩運動が非常に盛んになりましたが、なかでも青森では「果物をたくさん食べましょう」とリンゴを奨励したのです。その結果、昔はいなかった冷え性の人が非常にふえたといいます。その人たちの共通点が、塩を控えめにしてリンゴをたくさん食べることだと指摘する医師もいます。とりすぎを恐れて極端に塩分を制限しすぎると、今度は塩分不足のために昏睡状態となることもあります。
認知症を引き起こすというわけです。

炎天下で汗をかいたときには、水分だけでなく塩分も補わないと血中のナトリウムイオン濃度が低くなり、からだはその濃度を一定の範囲に保とうとして、さらに汗をかいたり排尿しようとするため、いっそう水分不足となって熱中症や痙攣を引き起こす場合もあります。
いれん塩分については、頭で考えるよりも、からだの声を聞けばいいのです。たとえば食べ物に醤油をかけたいと直感的に思ったときには、からだが塩分を欲している証拠です。しかし、そばのつゆなどを残さずに飲んであとで喉が渇いて水を何杯飲んでも飲み足りないというのでは、塩分のとりすぎです。塩分を水で希釈することを要求する、からだの声そのものなのです。
心が病むのは太陽の光を浴びなさすぎるから最近は紫外線の害が話題になっています。紫外線に当たりすぎるのは危険ですが、かといって太陽の光を浴びないのも問題です。ひと昔前は、子どもは夏の日射しをたっぷり浴びて真っ黒になるのが健康的だといわれたものですが、それでいて、皮膚がんがそれほど多かったという話は聞きませんシミそばかすの原因にもな膚の老化を促進します。常識海水浴で何時間も太陽に当たることが危険なのはわかりまたしかに紫外線は皮膚がんを誘発しますし、的に考えても、ですから、真夏に日射しの強いところに出て、女性が神経質になるのもわからなくはありません。

薬を処方されるのに慣れてしまった人

  • 遺伝子レベルでプログラムされて
  • 神経の緊張を解消しようとしているのです。
  • ホルモンの分泌が盛ん


治療が寿命を縮めることになったのです。


神経炎のために運動障害や知覚障害を起こしたりするほ

す。
しかし、それも程度問題なのです。最近では、脳内セロトニン神経の活性化のためには、朝三十分程度、太陽の光を浴びる必要があるという東邦大学の有田秀穂先生による研究もあります。脳内のセロトニンが不足すると、うつ状態になったり、キレやすくなったりするというのです。ひきこもり、うつ、あるいはキレて暴力行動を起こす人がふえたのはつには脳内セロトニン神経が弱っているからという見方です。家にひきこもれば、当然、外の光を浴びないので、セロトニン神経はますます弱ります。自律神経から見ても、太陽の光に当たらないと、ひ弱になります。ひきこもって日射しを浴びることがほとんどないと副交感神経優位に偏りすぎて、過敏で傷つきやすくなります。
認知症の患者さんの多く

症状がなくても少し気を配るとよいと思います。

いっそうひきこもりがちになり、悪循環です。自殺に走る子どもは、外で遊ばない傷つきやすいタイプが多いのです。そういう子どもはリンパ球の割合が過多で、おとなしくて色白で、いろいろな刺激に過敏で傷つきやすいのです。ここからも、太陽の光が人間にとって重要なことがわかります。もちろん浴びすぎは危険ですが、いまはUVカット用品など紫外線の害を防ぐものがいろいろとありますかすぐにその知識だけに頼ろうとするのはら、それらを活用すればいいのです。紫外線が悪いといわれれば、からだの声を素直に聞いていることになりません。
ところで私たちは、運動したり動きまわって、重力に逆らって生きています。逆らいすぎると疲労しますしまったく逆らうことなくじっと動かないでいると、歩けなくなり、しまいには寝たきりになってしまいます。


治療を受ける。

ホルモンも用意しました。

適度な重力にさらされることで、私たちは健康を保っているのです。ですから、運動がからだにいいといっても、元気な子どもや若いうちならいざ知らず、中高年になってスポーツをやりすぎると、かえってからだを壊してしまいます。七十歳前後の男性が「慢性骨髄性白血病になった」と私の講演を聞きにきたことがあります。骨髄のがんは骨に負担がかかって骨髄が刺激された結果起こる病気です。「立ち仕事など無理が重なったのですか?」と聞くと、「定年になって十年も経つし、つらいことはしていない」といいます。そこで「何か運動をしていないですか?」と尋ねたところ、その人は縄跳びが趣味で、毎日何百回とやってきたというのです。それでは、骨に過度な負担がかかります。この人の場合には、重力に逆らいすぎたことが原因で病気になったと考えられるのです。おっくうかといって、運動をしなさすぎても、今度は重力への対応ができなくなり、なってしまいます。それが進めば無気力なボケの世界へとまっしぐらです。
ひ弱になって歩くのも億劫に食を考えてみましょう。かつて、終戦直後の六十年前は日本中が食べることに困り、栄養失調で病気になって多くの人が亡くなりました。いまは食べるものは豊富ですが、食べすぎ、栄養のとりすぎがさまざまな病気を引き起こしているのが現代です。
薬を増やせという


細胞にさまざまな悪さをするわけです

セックスレスが最近、問題になっていますが、肥料をやりすぎると花が咲かなくなる植物と同じで、人間も豊かになると子孫を残す使命を忘れるのでしょうか。とはいえ、飢えてひもじいとなったら、食べるほうが先決ですから、セックスなど後回しになります。セックスは、ある程度は満ち足りた世界でないとできないものでしょうが、満ちたりすぎても、欲望が違う方向に向いてセックスレスになるのかもしれません。
このように、人間が生きるうえで必要なものが欠乏すると問題ですが、過多になっても問題が生じます。どちらに偏ってもよくないのです。それを判断するためには、自分のからだの声にもっと耳を傾けることです。
七十歳までは仕事をしたほうが健康にいいいま、日本人の平均寿命は男性七九.00歳、女性八五.八一歳(厚生労働省の二00六年簡易生命表
による)で、二○○六年は過去最高を更新しました。男性の二〇·六パーセント、女性の四三.九パーセントが九十歳まで生きる計算になります。
そうなると、これからは定年後をいかに健康的に生きるかが問題になります。