認知症を引き起こすというわけです。

検査を受けておくのがよいのです

祭りや儀式などの習慣はあるのですが、なぜこれをやるのかと尋ねても、昔からやっているからとの答えが返ってくるだけなのです。
アイヌの人たちにも文字はありません。彼らは獲得した知識を口伝えで継承しなければなりません。そこで記憶力のいい人が選ばれて、それらを頭に叩き込んで子孫に伝承するわけです。そういう人が長老と呼ばれる人なのでしょうインディオもアイヌの人たちも、耕作をしない狩猟民族ですが、文字を必要としないのはそのこととも関係しているようです。農耕生活を成功させるためには、過去の天候や収穫高などの先例に照らし合わせて、つねに工夫を凝らすことが必須です。そのため、それら過去の経験や知識を記録するための文字が必然的に発明されると考えられます。収穫物を蓄えるようになれば、富の格差も生じ、また取引するための貨幣も生み出されるはずです。
文字もなく貨幣もない先住民たちの世界を、ただ単に進歩がない、文明がないと蔑むのはたやすいことでしかし、彼らは貧富の差もなく、心身に負担をかけない、無理のない生活を送っています。疲れると狩猟には行かず、何日間も食べないでいるそうで、お腹が空かないのかと聞くと、「食べなくてもいい。いまは寝るほうが大切だ」と答えるそうです。
楽しければ笑い悲しければ泣き、腹が立てば怒るという具合に感情表現は豊かですが、とか寂しいなどといった、ややこしい概念は存在しません。過去を引きずって後悔したり、ともないのだそうです。過去を気にしないので、だれも自分の年齢を正確に知りません幸せだとか不幸だ未来を思い悩むこ病気といっても、私たちの生活習慣病である血管障害などはほとんどないようです。
もちろん感染症などで幼児死亡率は高いでしょうし、蛇や獣に噛まれたりして早死にする人もいるので、平均寿命は日本人より低いでしょうが、成人に達した人はかなり長生きで、百歳以上ではないかと思われる人もたくさんいるという話で現代人が失ったカンの大切さ南さんと話していて感じたのは、彼らインディオの人たちは、私たち日本人が失ってしまった人間本来のカのよさをいまだにもっていて、大自然のなかでのびのびと生きているということです。
認知症の患者さんの多く

お話ししたように文字がないことが、記憶力や感性を磨くうえで大きいのかもしれません。彼らははるか遠くまで見渡す視力を保持していて、裏山で鳴いている動物の種類やそこまでの距離、あるいは、その動物が襲ってくる気配があるかなどにも、とても敏感だというのです。
そうした感性は、もともと人間はみなもっていたのでしょうが、私たち日本人はいつの間にか失ってしまいましたテレビやパソコンを前に座っているだけで、瞬時にして世界中のさまざまな情報を手に入れられる便利さを享受する代わことで知識の共有が可能になりましたが、反面、知識に頼りすぎることの弊害もあります。それでも、自分の体験より過去の知識をありがたがる傾向は強くなっています。自分の目でじかに見て、触れて、感じるといった体験が少なくなりました。
文字ができたいまの医者の多くも、医学の知識にがんじがらめになって、カンを鈍らせる一方です。
目の前にある病気を机上で学んだ酉洋医学の領域でしかとらえられないのです。自分のもっている知識から予測できないことはその可能性すら考えようとしません。視野が狭く、活字で学んだことにしがみついているので、「なぜそんなことが起こったのか?」と好奇心をもって、さまざまな角度から複合的に考えたりしないのです。
ですから末期がんの患者さんが、温熱療法やサプリメントでがんが退縮して治ったという実例を聞いてもこれまでの知識の範囲内では理解できないので、それは偶然にすぎないと考えてしまいます。「そんなことはありえない」と怒り出したりするのです。そして、「そんな勝手な治療法を試みる患者はもう診られない」と放り出します。

治療の根本にかかわる問題

  • 治療を受ける。
  • 薬を長期に使用して
  • 薬の影響は皆無とはいえ統合失調症の人


うつ病の原因として


細胞レベルでもそういう入れ替わりが行われているよう

彼らが怒るのは、自分の知識ではわからないことに不安を感じるからです。学校の勉強ができなければ入れない医学部を卒業した彼らは、自分が優秀だと自信過剰になって、自分至上主義、権威主義に陥りやすいのでしょう。しかし、医者は生きた人間、病気で悩んでいる生身の人と相対するのが仕事です。そんな頑固な頭や対応では、人の心に届く医療などできるはずもありません医者も含めて私たちは、人間が本来もっている生きる力、感性を失っているのかもしれません。
だの声を素直に聞いて、本来の生きる力を取り戻さなくてはならないのではないでしょうかもっとから生きるために必要なものは多すぎても少なすぎてもよくない私たち人間が生きていくうえで最低限どうしても必要なものとは何なのでしょうか。酸素、温度、水、塩分このようにあげてみて、おもしろいことに気づいたのですが、人間に必要なこれらのものは共光、重力通して、多すぎても少なすぎても死を招くのです。酸素が少なければもちろん死にます。多すぎると、体内に活性酸素が発生しすぎて組織を壊し、死にいたらしめます。温度が高すぎても低すぎても危険です。これらについては、ちょっと考えてみればおわかりになるでしょう。
それでは、水はどうでしょうか。からだの六0パーセントは水分ですから、水が大切なことはいうまでもぁりません。水分が少ないと、活発に活動して汗をかくと脱水状態になり、血液が濃縮されて脳梗塞などになる危険性があります。
ですからいまは、水分をたくさんとったほうがいいとよくいわれ、大量に水を飲む健康法もあるくらいです。それによって老廃物も尿を通じて外に出されます。いつも水分を多く体内に抱え込むので、それを処理するために腎臓に負担がかかります。
からだに水がたまり、むくみや冷えを起こします。
処理しきしかし、れないと、逆に、あまり水を飲まない健康法もあります。水を飲むと胃液が薄まり、消化酵素や胃の酸度が落ちるので食べたあとは水を飲まないほうがいいというわけです。南方の戦地に行った人たちがマラリアやコレラなどにかからずに生き残れたのは、実際、水を飲まなかったからです。しかし、どちらにも一長一短はあります。塩、ミネラルもからだに必要なものです。人のからだの水分は塩分を含んでいます。
治療ではありません。

認知症の患者さんと話すのに昔の話ができない

細胞によってその性質はすこし違いますが、生理機能に重要なはたらきをもっており、からだの塩分濃度は一定に保たれています。塩分がないと生命を維持することができません。
しかし、塩分過多は高血圧、腎臓病、心臓病などの原因になります。戦後、それまで日本人は塩分をとりす。ぎたといって減塩運動が起きました。ことに東北地方は脳卒中が多かったので、減塩運動が非常に盛んになりましたが、なかでも青森では「果物をたくさん食べましょう」とリンゴを奨励したのです。その結果、昔はいなかった冷え性の人が非常にふえたといいます。その人たちの共通点が、塩を控えめにしてリンゴをたくさん食べることだと指摘する医師もいます。とりすぎを恐れて極端に塩分を制限しすぎると、今度は塩分不足のために昏睡状態となることもあります。
炎天下で汗をかいたときには、水分だけでなく塩分も補わないと血中のナトリウムイオン濃度が低くなり、からだはその濃度を一定の範囲に保とうとして、さらに汗をかいたり排尿しようとするため、いっそう水分不足となって熱中症や痙攣を引き起こす場合もあります。
いれん塩分については、頭で考えるよりも、からだの声を聞けばいいのです。たとえば食べ物に醤油をかけたいと直感的に思ったときには、からだが塩分を欲している証拠です。しかし、そばのつゆなどを残さずに飲んであとで喉が渇いて水を何杯飲んでも飲み足りないというのでは、塩分のとりすぎです。塩分を水で希釈することを要求する、からだの声そのものなのです。
心が病むのは太陽の光を浴びなさすぎるから最近は紫外線の害が話題になっています。紫外線に当たりすぎるのは危険ですが、かといって太陽の光を浴びないのも問題です。ひと昔前は、子どもは夏の日射しをたっぷり浴びて真っ黒になるのが健康的だといわれたものですが、それでいて、皮膚がんがそれほど多かったという話は聞きませんシミそばかすの原因にもな膚の老化を促進します。常識海水浴で何時間も太陽に当たることが危険なのはわかりまたしかに紫外線は皮膚がんを誘発しますし、的に考えても、ですから、真夏に日射しの強いところに出て、女性が神経質になるのもわからなくはありません。


免疫力も高くなっているといえます。

神経炎のために運動障害や知覚障害を起こしたりするほ

す。
しかし、それも程度問題なのです。最近では、脳内セロトニン神経の活性化のためには、朝三十分程度、太陽の光を浴びる必要があるという東邦大学の有田秀穂先生による研究もあります。脳内のセロトニンが不足すると、うつ状態になったり、キレやすくなったりするというのです。ひきこもり、うつ、あるいはキレて暴力行動を起こす人がふえたのはつには脳内セロトニン神経が弱っているからという見方です。家にひきこもれば、当然、外の光を浴びないので、セロトニン神経はますます弱ります。自律神経から見ても、太陽の光に当たらないと、ひ弱になります。ひきこもって日射しを浴びることがほとんどないと副交感神経優位に偏りすぎて、過敏で傷つきやすくなります。
いっそうひきこもりがちになり、悪循環です。自殺に走る子どもは、外で遊ばない傷つきやすいタイプが多いのです。そういう子どもはリンパ球の割合が過多で、おとなしくて色白で、いろいろな刺激に過敏で傷つきやすいのです。ここからも、太陽の光が人間にとって重要なことがわかります。もちろん浴びすぎは危険ですが、いまはUVカット用品など紫外線の害を防ぐものがいろいろとありますかすぐにその知識だけに頼ろうとするのはら、それらを活用すればいいのです。紫外線が悪いといわれれば、からだの声を素直に聞いていることになりません。
ところで私たちは、運動したり動きまわって、重力に逆らって生きています。逆らいすぎると疲労しますしまったく逆らうことなくじっと動かないでいると、歩けなくなり、しまいには寝たきりになってしまいます。
埼玉の看護大学で認知症を引き起こす原因を聞く。


老化だといえよう。

適度な重力にさらされることで、私たちは健康を保っているのです。ですから、運動がからだにいいといっても、元気な子どもや若いうちならいざ知らず、中高年になってスポーツをやりすぎると、かえってからだを壊してしまいます。七十歳前後の男性が「慢性骨髄性白血病になった」と私の講演を聞きにきたことがあります。骨髄のがんは骨に負担がかかって骨髄が刺激された結果起こる病気です。「立ち仕事など無理が重なったのですか?」と聞くと、「定年になって十年も経つし、つらいことはしていない」といいます。そこで「何か運動をしていないですか?」と尋ねたところ、その人は縄跳びが趣味で、毎日何百回とやってきたというのです。それでは、骨に過度な負担がかかります。この人の場合には、重力に逆らいすぎたことが原因で病気になったと考えられるのです。おっくうかといって、運動をしなさすぎても、今度は重力への対応ができなくなり、なってしまいます。それが進めば無気力なボケの世界へとまっしぐらです。
ひ弱になって歩くのも億劫に食を考えてみましょう。かつて、終戦直後の六十年前は日本中が食べることに困り、栄養失調で病気になって多くの人が亡くなりました。いまは食べるものは豊富ですが、食べすぎ、栄養のとりすぎがさまざまな病気を引き起こしているのが現代です。
セックスレスが最近、問題になっていますが、肥料をやりすぎると花が咲かなくなる植物と同じで、人間も豊かになると子孫を残す使命を忘れるのでしょうか。とはいえ、飢えてひもじいとなったら、食べるほうが先決ですから、セックスなど後回しになります。セックスは、ある程度は満ち足りた世界でないとできないものでしょうが、満ちたりすぎても、欲望が違う方向に向いてセックスレスになるのかもしれません。
このように、人間が生きるうえで必要なものが欠乏すると問題ですが、過多になっても問題が生じます。どちらに偏ってもよくないのです。それを判断するためには、自分のからだの声にもっと耳を傾けることです。
七十歳までは仕事をしたほうが健康にいいいま、日本人の平均寿命は男性七九.00歳、女性八五.八一歳(厚生労働省の二00六年簡易生命表
による)で、二○○六年は過去最高を更新しました。男性の二〇·六パーセント、女性の四三.九パーセントが九十歳まで生きる計算になります。
そうなると、これからは定年後をいかに健康的に生きるかが問題になります。